次世代型ミーティングボード 事業

「MAXHUB(マックスハブ)」、「Dimpact(ディーインパクト)ミーティングパネル」の販売および各種企画提案


ミーティングボードは会議の場で必要になる機能を一つのモニターに集約したタッチパネル式の電子黒板です。

通常の会議でも使用するホワイトボードへの書き込み機能はもちろんパソコン、スマホ、タブレットとワイヤレスで簡単に接続し画面上にプレゼン資料や写真などを表示し共有することが一つの端末で全て操作が可能になり、会議室からホワイトボードやプロジェクターをなくすことが可能になります。

MAXHUBにはプロジェクターでの照射では実現しなかった「双方向コントロール」という機能がついており画面上に出している資料を画面内とパソコンやタブレットなど双方向で操作が可能で資料の先送りや書き込みなどをスムーズに行うことが可能です。

そしてミーティングボード最大の特徴が、ここまで紹介した機能をフル活用したWeb会議システム(Zoomなど)が内蔵されていることです。

高解像度カメラと高機能のスピーカーにより離れた人とテレビ会議や資料の共有が可能です。

 

一般的なWeb会議に、さらに上記のホワイトボード機能やプレゼンテーション機能を併用して使うことができるため、プレゼンターと参加者が離れていても1つのデバイスを共有しているような感覚があり不必要な時間をかけず、よりスムーズなWeb会議を実現できる、まさに今の時代のテレワークにぴったりなツールが、この次世代型ミーティングボード「MAXHUB」「Dimpactミーティングパネル」です。

 

「MAXHUB」は55~86インチ、「Dimpactミーティングパネル」は55~98インチまで、ご用意させて頂いておりますのでご利用になる空間に合わせたご提案が可能です。

 

世界中に流行している新型コロナウィルスの影響によりテレワークの導入を推奨され取り入れ始めた企業様が大変増えております。

国も新規導入に向けた支援を始めておりますのでミーティングボードをご検討いただける企業様のテレワーク導入をヒロコーポレーションは全力でサポートいたします。