3D Dimpact (3D映像 事業)

「3D Dimpact(ディーインパクト)」の販売及び各種企画提案。


 3D Dimpact(LED回転式ホログラム投映装置)は、重さ500gの軽量モーターと、LED端子の並んだブレードを組み合わせて高速回転させることで、光の残像現象により、空中浮遊する3次元の映像コンテンツを投映します。新世代のサイネージは、映像を表示するのではなく、目の前に仮想空間を生み出すような新しい体験を提供できます。

見た人の興味関心を引きだし、SNS投稿、口コミ拡散、新規顧客の開拓、誘導を促したいエリアへの集客ができ、さらなる売上アップに貢献いたします。

 

クラウドサービスを利用することで、Webブラウザ上から簡単に3D Dimpactを操作することができます。

公式動画を利用し、季節やご利用方法に合わせて3D映像を選択することで、店舗やエントランス等での空間演出がより豊かになります。3D文字生成機能を使用すれば、文字入力のみの直感的な操作だけで誰でも簡単にオリジナルの3D映像を作成することができます。新たな演出方法で、驚きと感動、さらにはお客様に届けたいメッセージをダイレクトに届けることができます。

製品概要シースルービジョン

透過型LEDビジョンは、ブラインドカーテンのような格子状をしており、ディスプレイの隙間から奥の景色が見通すことができるのが特徴です。75%の透明率で、百貨店や博物館などの商業スペースで大きな効果を発揮するほか、駅・空港といった明るく広々とした空間の演出が求められる場所での使用にも非常に適しています。